イガワヒロトのブログ

志について探求を続けるイガワヒロトが、いつまでも青臭い心(ブルーハーツ)でニュース・社会・政治・教育・作品(映画、演劇、インプロ、音楽、本、DVD、TV番組・ラジオなど)の批評や日常の思った事を青っちろい言葉で記事にします。※記事の内容は執筆者個人の見解であり、所属団体の公式見解ではありません。

登山家・栗城史多氏がエベレスト登頂を断念

栗城さんの事は応援していただけに残念。

でも、また挑戦してほしい。引き続き応援しています!
そして僕も頑張る!!!

栗城さんはガスマスクなしで、しかも撮影を自らしながら登山をする若手登山家。
私はカンブリア宮殿という番組で知った。
http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/list/list20110908.html


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000332-oric-ent
 自身3度目のエベレスト単独・無酸素登頂に挑戦していた登山家の栗城史多氏が、日本時間12日午後3時15分に登頂を断念し、下山を決めたことがわかった。業務提携するよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表した。経緯について、栗城氏は「10月3日に高所順応で7800m地点まで上がった際に、荷揚げを行なって荷物を地中に埋めて来ましたが、本日その7800m地点に到着したところ、地中に埋めてあった食料などの荷物がカラスに食い荒らされ、テント用ポールもガスもなくなっていました」と説明。

今年8月には吉本と業務提携会見

 最終的に「ガス無しで水分補給ができない中、このまま山頂を目指すと、高山では肺水腫や脳浮腫といった命にかかわる為、大変危険だと総合的に判断した」として下山を決意したという。

 栗城氏は、8月28日に離日しその後登頂をスタート。9月15日に同行していたカメラマンの木野広明さんが急逝したことを受け、一時活動を休止していたが、木野さんの遺族から「頑張って欲しい」と励まされ、同21日に再出発していた。

 また、これによりあす予定していた登頂のUstream生中継も中止となった。