イガワヒロトのブログ

志について探求を続けるイガワヒロトが、いつまでも青臭い心(ブルーハーツ)でニュース・社会・政治・教育・作品(映画、演劇、インプロ、音楽、本、DVD、TV番組・ラジオなど)の批評や日常の思った事を青っちろい言葉で記事にします。※記事の内容は執筆者個人の見解であり、所属団体の公式見解ではありません。

原発反対への反対表明(まえがき)

第10回 尾崎行雄(咢堂)杯演説大会に「原発反対への反対表明」というテーマで応募し、入選をいたしました。

サイは投げられている。

休みの日にコツコツ書いていって応募して、最終審査への通過のご連絡をいただいて、当日を迎えたわけですが、死ぬほど緊張しました。。。緊張度合いで言うと、前日からほとんど食事がのどを通らないくらいです(汗

結果的には、私のお話しを聞いていただいた方には、「私は原発反対派です」という方も含め、多くの方にご理解をいただきました。

ただ、なんといっても何万人規模のデモが行われているような事柄に対する話しですし、ゴーマニズム宣言の著者の小林よしのりさん(ゴーマニズム宣言SPECIAL 脱原発論)など多くの著名人の方々も痛烈に原発を否定されている中でのこのテーマですので、話している最中に怒鳴られるのではないかと正直思いながら壇上に登りました。

それでも、少しでもご理解をいただけるはずだという思いもあり、震える足を壇上まで前に進めることができました。

私の主張は脱原発批判でも、原発の推進でも、経済性の追求でもなく、「希望ある未来を自ら切り拓くための選択肢」であるからです。

主張の内容は次のエントリーにまとめます。演説会の当日に使ったメモを若干加筆修正したモノです。

普段は人前で話しをするときには、棒読みになるのを避けるために、詳細なメモはあまりを作らないのですが、今回は7分間以内で話さなければならないという制約があったこと(もう少し伸ばしても大丈夫だったようですが;)と、センシティブな内容を扱うため、一言一句間違えられないことを考え、スクリプトの形にして演説に臨みました。

ついては、以前に同内容で書いた記事を今回書く記事に統合するため、削除しました。