イガワヒロトのブログ

志について探求を続けるイガワヒロトが、いつまでも青臭い心(ブルーハーツ)でニュース・社会・政治・教育・作品(映画、演劇、インプロ、音楽、本、DVD、TV番組・ラジオなど)の批評や日常の思った事を青っちろい言葉で記事にします。※記事の内容は執筆者個人の見解であり、所属団体の公式見解ではありません。

元文科副大臣の鈴木寛氏が文部科学省参与に

なんと、元文科副大臣であり、元民主党参院議員の鈴木寛氏が、下村博文文部科学の強い意向により、文部科学省参与に起用されたそうです。

 

 

■The Huffington Post 鈴木寛・元民主党参院議員が文部科学省参与に

下村博文文部科学相は10月17日、閣議後の記者会見で、元民主党参院議員の鈴木寛氏(50)を文科省参与に起用したことを明らかにした。就任は7日付。大学入試改革など教育再生に関わる重要施策で、文科相から助言を求められるとみられる。

(上記記事より)

 

 

鈴木寛さんは、副大臣の時代から評判も良かったですし、適材を以前民主党だったという枠を超えて起用した下村大臣は凄いと思います。

 

 

鈴木寛さんには、以前の記事(なぜ、センター試験を廃止するのか)でも触れました、主に大学の入試改革について助言を求めるそうです。

 

 

大学入試改革は、日本の教育全体を見直すことにも繋がります。

鈴木寛さんは大学の教育の現場も良くご理解されている方ですので、これから日本の高等教育がさらに発展していくように豪腕を振るっていただくことを期待しています。

 

 

 

「熟議」で日本の教育を変える 現役文部科学副大臣の学校改革私論 (教育単行本) 鈴木 寛 (著) 小学館

 

 

9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に 下村博文 (著) 海竜社